そろそろ車の買取を依頼しようと思って、ネットの簡単査定を利用してみました。



車種は赤のアウディであり、まだ乗り始めて5年と新しかったので、結構な高値で売れることも期待していたのですが、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。


査定してくれた業者の人に実際に来てもらって事情を聞いてみると、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」と言われ、愕然としました。



契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみのさまざまな相談電話がかかってきます。



最近では買取に伴う相談電話が右肩上がりに増えています。


例えば一括査定サービスを使ったところ、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。
悪質な業者に当たったときなどは、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。自分の車を売却する際には複数の書類を準備する必要があります。
中でも、自動車検査証、要するに車検証は、非常に重要な書類です。



また、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。


印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を揃えておくことが必要になります。

ほかにも、実印も必要となるので、きちんと用意しておきましょう。
中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

中古車販売の営業さんの話を全部信用しきってしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

自分の車の現時点での相応しい査定金額が大体このぐらいの金額になると確認しておき、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら自分の方から駆け引きするつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。
何社にも査定を頼んだのに引き取ってもらえなかった場合、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。


ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。こうした専門業者の売りは、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。今まで使っていた車を買取業者に預けてから次に使う車が手に入るまでの間、期間が開くこともあると思います。

買取業者のうち、代車の利用ができるところも増えています。
査定の際に手続きしておけば代車の用意も円滑です。あるいは、次の車を買う際に代車が使えるディーラーもありますから、相談してみましょう。「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

これは、ある条件を満たしていれば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。



その気になる条件ですが、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。
それから、戻ってくるお金がある場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

保険会社に対し自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。車の買い換えをする時に、人それぞれやり方はあると思いますが私自身は、安易にディーラーでの下取りを選ばず、中古かんたん車査定ガイドの専門業者に頼むようにしています。PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。

そこで、車種や年式、電話番号他必要な項目を入力し登録を済ませると、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。


普通、四社とか五社くらいから連絡がくるようです。

電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。

そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。

車を買い取ってもらう際の大体の流れは、まず初めにインターネット等で一括査定を頼みます。
中古車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が出てきますから、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、車を実際に査定してもらいます。査定の額が充分であると思ったら、契約を行い、車を売りましょう。

お金はその日ではなく、後日の振り込みが普通は多いです。

年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。
店側はできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。
みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。売却を漠然と考えているのであれば、9月というのはまさに売り時です。

また査定額は、決算期が終わった4月というのは低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。


中古車を売却する際には、自身の車がどれくらいの価 車の売却を考え、いくらで売れるのか査定を受